竹内 奈々

多様なニーズを
読み取り、
新しい技術を
生み出す。

文学部 文化歴史学科 卒
2012年入社
テクニカルラボ エンジニアリンググループ
岡﨑 文哉
定義が不明瞭な用語が流行しがちな先端IT分野で、その用語を理解するためには、まず「実際に試してみること」、「試した人と意見交換すること」が大切です。幅広いフィールドがあり、様々な経験をもつ従業員がいる当社はエンジニアにとって、活躍の場が広がる魅力的な環境だと思います。
広範囲への技術的好奇心が
仕事をするうえでの武器になる。
新技術調査をミッションとして、主にパブリッククラウドやネットワーク技術、製品に関する知識を活かしたシステム開発、サービス展開の支援を担当しています。現在、パブリッククラウドは、それぞれに多種多様なITサービスを品揃えした百貨店のような状況です。新しいサービスも次々と追加され、便利な反面、何をすれば欲しいサービスが手に入るのか分かりづらいという課題も抱えています。漠然としたニーズをもとに、実際に利用すべきサービスや設定を選び出し、用意したコードをカスタマイズすればシステム開発現場が求める設定のクラウドサービスが出てくる状態を目指して、日々の業務に取り組んでいます。
新技術の調査に必要不可欠なのは、技術的好奇心を広くもつことです。新技術は多くの場合、これまでの技術ではできなかったことを解決する手段となります。そのため、新技術だけではなく、既存技術の特性や課題も理解しておく技術的好奇心が仕事をするうえでの武器になってくるのです。
岡﨑 文哉
岡﨑 文哉
大阪万博開催を機に
関西のIT市場の発展に貢献したい。
当社にはクラウド、アプリ開発、サービス開発といった幅広いフィールドがあります。また、広いフィールドで様々な経験を積み、活躍してきたエンジニアも在籍しています。例えばAIに関する取り組みでは、学習エンジンだけでなく、過去のシステムインテグレーションでの経験を活かし、サービスとして提供するところまで行っています。このように、フィールドとデータに恵まれた環境があるのは、当社の強みだと感じています。
2025年には大阪万博が開催されることが決定しました。万博の話題の中で、ハードではなく、ソフト中心の設計やVR/ARなどのキーワードを耳にします。大規模なVR/AR体験を提供するためにはコンピューティングリソースの最適化など新技術に対するニーズも高まるのではないかと期待しています。現状、日本のIT市場やインフラ、技術者は東京に集中していますが、万博を通じて関西のIT市場の発展に貢献できればと考えています。
ある1日のスケジュール(在宅勤務時)
パソコンを起動し、
メールチェック。
在宅勤務開始を
上司に連絡
クラウド化
検討システムの
構成検討資料を作成
クラウド構成案を
利用した場合の
費用見積りの作成
家族と昼食
仕事再開。
構成案資料の
提案ポイント、
懸念事項等のまとめ
関係部署とWeb会議。
作成した資料を共有し、
今後の進め方を議論
打合せ結果の
クラウド構成を
コード化。
実現性の確認
業務内容と進捗を
整理して上司に報告
関西電力グループ power with heart